サービス内容

ブレイクにコーティングを依頼するメリット

ボディーコーティングにおいてもっとも重要なのは、「下地処理」。そのため一般的に「コーティングするとボディが綺麗になる。」というのは実際のところ少し違います。
しっかりとした下地処理ができてはじめて、傷や汚れのない美しいコーティングが施せるのです。

丁寧な下地処理をせず、汚いままの塗装面にコーティングを施しても、まず綺麗になることは無いでしょう。

新車でも、メーカー出庫からお客様に納車されるまでの間に、洗車や保護シートの剥離時の糊残りなどの除去のために、何度か磨かれるケースが多いです。
そして、いわゆる汚れ落とし程度の磨きのため塗装面の状態は決していいとは言えません。

そのため、新車であっても塗装面の下地を整えるのが理想的です。
ただ、新車の塗装面にはホーロー層と呼ばれる固い層が表面にあり、この層を維持しながら、下地を整えるのは高度な技術を要します。作業環境や技術が伴っていない状態で無理に整えようとすれば、逆に磨き傷がついてしまうことがほとんどです。

ブレイクでは、塗装面照射専用照明設備を導入しており、長年のコーティング経験を積んだ熟練のスタッフによるプロのコーティングを行っております。

コーティング例紹介

コーティング前

コーティング後

手前:コーティング前 奥:コーティング後

下半分:コーティング前 上半分:コーティング後

手前:コーティング前 奥:コーティング後

全体コーティング後

左:コーティング前 右:コーティング後

奥:コーティング前 手前:コーティング後

板金塗装

「パッと見は同じように見えても、近くに行くと色が違う」

「最初は綺麗だったけれど、年数が経ったらぼやけてきた」

「結構傷付いているので、しっかり直してほしい!」

「とにかく安く・早く直して下さい!」

「かっこよく塗装したい!」


こんなお悩みはございませんか?
ブレイクならなんでも大丈夫!
しっかり仕上げも、スピード仕上げも、お客様のご要望にお応えします。

BEFORE/AFTER

4tダンプの荷台を全塗装しました!かなり腐食が進行してましたので、念入りに表面の錆を取り、錆止めし、塗装しました!

車検整備

車検はプロの的確なチェックと確実な整備、丁寧な説明と細やかなアフターフォローが必要です。

日常点検だけではわからないブレーキなど内部の部品の摩耗や劣化などがあるため、1年に一度定期点検整備を行い、車の外観からでは見えない消耗部品の状態を把握し、必要に応じて部品交換などを行います。

いつでも安心して乗れるようマイカーの健康状態をチェックしましょう。


対応車種…軽、普通車
車検時に必要なもの…車検証、自賠責保険、納税証明書、印鑑

一般整備

車両の修理・整備もお任せ下さい。

エンジンオイル交換やオートマチックオイル、冷却水、タイヤ交換は、プロの私たちにお任せ下さい。

トラブルが起きる前に、普段の整備で未然に防ぎましょう。

点検項目

エンジンルーム ・エンジンオイル、冷却水の量や汚れ、漏れ
・ファンベルト、パワステベルト、エアコンベルトなどの緩み、損傷
・スパークプラグの状態
・エアクリーナーエレメントの汚れや詰まり、損傷
・バッテリーの状態など
室内 ・ブレーキの効き具合
・パーキングブレーキの引きしろ
・ハンドルの操作具合
・メーター計器類の状態など
足回り ・タイヤの状態
・ホイールナットやボルトの緩み
・ショックアブソーバーの損傷やオイルの漏れなど
・ブレーキパットの磨耗
・ホイールシリンダー液漏れなど
下回り ・ドライブシャフト ユニバーサルジョイント部のダストブーツ亀裂、損傷
・ブレーキホースパイプの漏れ、損傷
・エキゾーストパイプ、マフラーの損傷、腐食など
外回り ・フレームボディーの緩み、損傷
・ヘッドランプ、ストップランプ、ウインカーランプ、ワイパーの拭き取りの状態